◇道徳特別授業



2021年度(2021年4月〜2022年3月)受付開始

 1. 命を守る「道徳特別授業」

2. 拡大判 「道徳特別授業」

の申し込みを受付中です。

  これまでに、お申込みいただいた学校をご紹介します。

コロナ禍で保護者に動画配信
青梅市立第四小学校の試み

 昨年来のコロナ禍で、保護者が学校に来られない状況が続いています。そこで青梅第四小学校(藤原輝正校長)では、昨年12月に再チャレンジ東京が同校で行った6年生対象の「命を守る道徳特別授業」の映像内容を、ユーチューブ限定で保護者に配信したところ、大きな反響が寄せられました。

01

 
ここでは保護者からいただいたアンケートの抜粋を載せさせていただきます。

◎「音楽との融合が斬新でした。作文の朗読も読み聞かせを聴いているようで、子供たちにも伝わりやすかったと思います。ミネラルの話を聞いて、みそ汁を毎日作ろうと思いました。貴重な体験ありがとうございました」(1年生の保護者)



◎「音楽と作文の朗読、食べ物の話と、いろいろな観点から《いじめ》について考えることができる内容で、こういう時間をみんなで共有でき、よかったと思いました」(1年生の保護者)

◎「とても良い授業を受けることができ、よかったです。日頃、命についてじっくり考えることができないので、よい機会をありがとうございました」(2年生保護者)

◎「いじめを実際に体験された方のお話を、歌や朗読という形で聞くことで、とても心に響きました。この世界から、いじめがなくなってほしい。こどもにも、どのようにしたらいじめや自殺を防止できるのか、悲しいつらい思いをする人がいなくなるかを話すきっかけにしたいと思います」(3年生保護者)

◎「いじめについて言葉で理解させるのではなく、歌や朗読を通して心に訴え、また、共感することで、いじめがどのようなものか、理解することができ、とても良い授業だと思いました。ミネラルのお話も興味深いものでした。食事は子供だけではどうにもならない問題ですので、今回、動画配信という形で見せていただき、先生方のご配慮に感謝しています。ありがとうございました」(つくし保護者)

学校長様へ


 このところ、児童生徒の自殺が急増しています。
 すでにご案内しておりますが、私ども「いじめ・自殺防止国民運動本部」(NPO法人再チャレンジ東京)では、東京都と共催し、文部科学省の後援をいただき、これまで都内の小中学校を中心に「いじめ・自殺防止“命を守る道徳特別授業”」を60校以上、20000人の児童と保護者を対象に行い、好評をいただいております。

 ところが、客観的な情勢を鑑みると、現状のコロナ禍のなかで、直接の実施がままならない状況が続いております。そこで以下の2通りのパターンで開催することが可能となりましたので、貴校でもぜひ検討していただきたくご案内いたします。

@学校の放送室(映像施設のある)を使ってNPOが授業を行い、生徒は各教室でテレビ授業を受ける。(例…あきる野市の小学校・昨年10月9日実施)


A体育館で「密」を避け、1・2年生が1時間目、3・4年生は2時間目、5・6年生は3時間目と、時間帯を分けて道徳特別授業を受ける。(例…杉並区の小学校・昨年10月3日実施)


 また、青梅第四小学校で行ったように、生徒が受けた授業をユーチューブで画像配信することで保護者の方々に大変喜ばれている学校もあります。
  当NPOでは「食」、とりわけ「ミネラル摂取」の重要性をお話ししていますので、保護者のみなさまにもぜひ見ていただきたいと思っております。 以上、命を守る「道徳特別授業」は2通りの展開方法がありますので、ご検討いただきぜひお申し込みください。来年3月末までお申し込みが可能です。
  申込書は こちら からもダウンロードできます。

幼稚園・保育園の園長先生へ


 この夏は、コロナの感染と熱中症対策で大変であったと推察いたします。
さて、私ども「いじめ・自殺防止国民運動本部」(NPO法人「再チャレンジ東京」)では、東京都と共催、文部科学省後援で、これまで都内の小中学校を中心に「いじめ・自殺防止」の道徳特別授業を40校以上、15000人の児童と保護者を対象に行ってまいりました。この度、東京都から幼稚園・保育園でも行ってほしいとの要請を受け、ご連絡させていただいています。

  最近の児童には、低体温、キレる子供、発達障害の増加など、さまざまなことが山積しております。原因はどこに起因しているかを多数の有識者と相談させていただいた結果、「食べているもの」に原因があることがわかってきました。ここ10年以上「食で変わる心と体」のセミナーを全国で展開、大きな成果を上げている国光美佳先生を中心に保護者会を是非、開いていただきたいと思い、ご連絡をした次第です。
  なお、新型コロナ対策の関係で保護者が集まるのは不可能な場合は、保育士や栄養士や先生のみで行うのも良いかと思いますので、ご検討ください。
 1. 対象:保育士や栄養士・保護者
 2. 時間:30〜40分
 3. 費用:無料(東京都負担)
 4. 申込:裏の申込用紙からFAXでお願いいたします。

お問い合わせは
いじめ・自殺防止国民運動本部(NPO法人「再チャレンジ東京」)
〒106-0031 東京都港区西麻布2−17-14 エスペランサビル1F
           アートオブライフアルファ内
           TEL 090-3069-6920(担当・平林)

「食で変わる心と体」セミナー資料は こちらからダウンロードできます。

参加申込書 パンフレット資料(A4版4P)

 1.命を守る「道徳特別授業」とは


「道徳特別授業」は、首都圏の小・中学校、高校をまわり、子供たちとともに「いじめ」について考える授業です。
*昨年の10月20日、東京・青梅市立河辺(かべ)小学校にて、命を守る「特別授業」が開催されました。昨年に続く2度目の開催となりました。生徒さんからの感想文もいただきました。→感想文は こちら から

kabe01

 2.拡大判 「道徳特別授業」とは


拡大版「道徳特別授業」は、地域と学校が一緒になって「いじめ問題」を考えようという企画です。現在はセキュリティ等の関係から、学校グループが地域コミュニティから乖離しています。「いじめ問題」は学校と家庭だけでの解決には限界があり、それにはやはり「地域コミュニティ」の存在が不可欠です。



「道徳特別授業」の第一部を担当する《アーティスト紹介》
全ての正規の道徳の授業は、
小川紗綾佳 高谷秀司のユニット神雅氣で参画しております。

神雅氣(しんき)
【Profile】
ブルースギタリスト/和琴奏者の高谷秀司と、シンガーソングライター/ピアニスト小川紗綾佳による音楽ユニット。日本人離れした2人のグルーヴと、即興的に行われる演奏力は高く、国籍や世代をあらゆる場面で人を虜にするパフォーマンスは、繊細かつ大胆な表現で世界中のオーディエンスの心をつかみ、 ヨーロッパやアジア諸国・インドなど世界各国で演奏活動を行い、各国のメディアで絶賛されるなど高く評価されている。これまでに3枚のアルバムをリリース。また教育現場では音楽を通じ、いじめ・自殺防止をテーマにした特別道徳授業を行っている。薬物対策やエイズ撲滅に関するテーマ曲を手掛ける。


神雅氣(しんき)/
小川さやか と高谷秀司 【CDリリース】
・1st AL「稀有な魂の誕生 博古知今 松前 -青龍-」 2016年
・2ndAL「神雅氣 今この音魂で目覚める時。」2017年
・3rd AL「手帳學交響曲」2018年

【医療と音楽】
・書籍監修:「スポーツメンタルの科学」阿部健二他 (著) 洋泉社 2017年
      音楽アプローチによるメンタルトレーニングを提案

【トレーニング実績】
・新日本キックボクシングライト級チャンピオン 丹羽圭介選手 2019年
・カヌースラロームアスリート 吉田拓選手 2019年
・カヌースラロームアスリート竹下百合子選手(2008年北京オリンピック日本代表) ・全日本プッシュスケルトン選手権大会優勝木下凛選手(JOC指定強化選手)2018年

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高谷秀司 ギター担当
【Profile】
ギタリスト・琴奏者・作曲家。1985年に渡米後、ラリー・カールトン、デューク・ジョーダンら世界的なミュージシャンとの共演。
尺八奏者・人間国宝"山本邦山"を迎えた楽曲「大吟醸」や、デビッド・マシューズとのアルバム
「G2NewYork Recordings」など幅広く活動する。
斬新な手法と繊細かつ大胆な音楽表現は、ヨーロッパ・アメリカを始め 世界中の観客を魅了し続けている。アルバム「G2 NewYork Recordings」を聴いた塩田記念病院の脳外科医は「彼の音楽は心を落ち着かせ集中力を高める効果がある」と評し、多くの医師のオペ中にBGMとして採用されている。また大学で教鞭をとり、和歌と音楽を結び付けた講義を行い和の心を伝え後進の育成に努めている。



小川さやか(小川紗綾佳) ヴォーカル担当
【Profile】
 アーティスト、ソングライター、ピアニスト。作曲家・筒美京平氏から「10年に一人の歌声」と評される。3歳からピアノ、12歳から作詞作曲をスタート。アーティストとして活動を行いながら作曲家としてCMや番組テーマの制作や楽曲提供を行う。音楽教育や医療・スポーツ界でも活躍中。介護施設では認知症ケアが必要な方を中心に音楽セラピーを行う。ヨーロッパ・インド・アジア各国など海外公演も多数。
 ソロ活動と並行して、ブルース・ギタリスト高谷秀司と音楽ユニット「神雅氣-shinki-」として活動。3枚のアルバムをリリース。

NHK Eテレ音楽教育番組「ムジカ・ピッコリーノ」のヒロインを務めた斎藤アリーナのサポートピアニスト。2フルート+1ピアノ女性3人ユニット「三人楽器」を結成。
2020年初のソロアルバムリリース予定。

当NPO主催
いじめ・自殺
防止コンテスト

はこちらからご覧になれます。


ボランティア
スタッフ募集
新宿の事務局をサポートしてくださる方を募集しております。詳しくはお電話にて詳細をお尋ねください
→090-3069-6920

アクロバットアクセス
PDFデータを見るには、Adobe Readerが必要です。下のバナーからダウンロードして、パソコンにインストールして下さい。
←前ページへ
copyright(C)再チャレンジ東京.All Right Reserved 2020.05 update
次ページへ→